ごあいさつ

わが国では、医療の場は病院中心から在宅中心へとシフトし、在宅医療は日々進化しています。しかし在宅医療を支える在宅看護領域は研究の歴史が浅く、未開発の部分が多いのが現状です。
医療の進化や社会のニーズに対応し、看護の力で市民の健康や暮らしを護るには、実践と研究を積み上げながら、常に新たな在宅看護を追求することが必要です。
そのため、研究機関(ななーる訪問看護デべロップメントセンター)を設立し、研究者と実践者が集い、在宅看護にまつわる看護を実践・研究することで、超高齢社会における市民の健康課題の解決に寄与したいと考えました。

ななーる訪問看護ステーションの関係者だけではなく、外部の研究者や外部施設でご活躍の方々をはじめ、学生のみなさんも自由にアクセスできる場所を目指します。

ななーる訪問看護デベロップメントセンター
センター長 勝眞久美子