在宅看護を提供する訪問看護は未開発の部分が多く、在宅医療も日々進化しています。医療の進化や社会のニーズに対応し、看護の力で市民の健康や暮らしを護るには、実践と研究を積み上げながら、常に新たな在宅看護を追求する必要があります。 ななーる訪問看護デべロップメントセンターは研究者と実践者が集い、超高齢社会における日本の課題に対応できる看護の力を開発します。