公開日

7.29 インターン体験記④

こんにちは!
長期インターンに参加させて頂いている修士1年の丈達美帆です。

私の今日のインターンの流れは、
12:35 ステーション着→着替え
13:00〜18:00 訪問4件
でした!午後からのインターンでしたが密な時間を過ごさせて頂きました!今日も大学院の研究室でもお世話になっている石川さんに同行させて頂きました!( ´◡` )

また、いつものブログのように感じたことを記載していきます♪

まずは家の話です。これまで訪問同行させて頂いた中で、利用者さんの住居環境が多様であることを感じています。同じ疾患でも、住まいによって出来る運動だったりが異なり、その人に合わせた計画を長期的に考える必要があることを実感しました。実際に利用者さんの住まいを訪れることで、利用者さんの生活をサポートできる事が魅力だなと感じますし、個別性の高い看護につながる部分だと思います。(病棟では、患者さんの住まいを想定することにも限界があるのかなと思うので)また、看護と離れますが、色んなお宅を訪れる中で自分の家を建てるならこんな家がいいなという想像力も深まりそうだなと思ったりしました(笑)

次に、利用者さんへの伝え方についてです。訪問看護では対話を中心としたケアも多く、そこに看護師の技術が生かされるのかなと思いました。この利用者さんはこういう思考タイプだから、こういう伝え方をしよう、というこれまた個別性の高い看護を実践できる場だなと思いました。そのためにはコミュニケーション技術を磨かなければと思います( ;ᵕ; )

最後に、キャリアの話です。インターンでは自身のキャリアを考える体験が出来ます。ななーるでは特に色々な経験を持たれている看護師さんがいらっしゃるので、移動中や休憩中に人生の先輩方のお話を伺うのがとても参考になります!今日は看護教員の仕事や博士後期課程についてお話をしておりました( ᷇࿀ ᷆ )また、仕事とは別で子育てのお話なども聞き、人生設計を考える機会をまたいただきました!

今日は午後から4件というはじめての体験で、実際の訪問看護師としての働き方を体感した気がしています!もっと体力つけていかないといけないなと感じました!充実度の高い濃い時間で楽しかったです!

 

ここまで読んで下さりありがとうございました!
今後も、自分の体験を言語化し、インターンに興味を持っていただくことや、自分の学びに繋げたいと思います★

コロナ禍のこのような情勢でも、学びを得られる機会をいただけてとてもありがたいです(..◜ᴗ◝..)

文責: 丈達美帆

インターンシップ体験記一覧に戻る